SHIPYARD出版

出版社・本屋です。Since 2013,SHIPYARD has succeeded to its tradition of publishing of books for all fans of books and artworks .

名古屋駅で地下鉄1日乗車券を買い、東山線に乗って、まずは千種駅で降りる。正文館書店で新刊書をチェックし、今池から再び東山線に乗り、次の覚王山で降りる。日泰寺へと向かう緩やかな坂道をのんびり歩く。ときおり空を眺める。懐かしいビッグバンドジャズを口ずさむ。遠 ...

amazonと楽天で販売しています。 渋谷にフリッパーズ・ギターがいた時代 [Kindle版]SHIPYARD2015-12-21ノルウェイのフォトブック [Kindle版]SHIPYARD2015-12-21現代文学 4.0 [Kindle版]SHIPYARD2016-03-23インターネット的な読書 [Kindle版]SHIPYARD2016-03 ...

 大学生の頃に東京に住んでいた僕は、90年前半の渋谷に毎日のように地下鉄に乗って通っていました。目的の場所はセンター街の奥にあるHMV渋谷店。いわゆる渋谷系の聖地と呼ばれていたCDショップです。渋谷系のミュージシャンのCDが並ぶ棚の上にはフリッパーズ・ギターの二人 ...

海峡の光 [単行本]辻 仁成新潮社1997-02 本作「海峡の光」は97年第116回芥川賞受賞作であり、辻文学の最高傑作です。他の芥川賞受賞作もそこそこ売れるものですが、辻さんの場合は特に話題になってかなり売れました。私も多くの人と同じように、芥川賞を受賞して初めて ...

LIFE [CD]小沢健二EMIミュージック・ジャパン1994-08-31   LIFEのジャケットを見てまず気づくことは、写真の小沢健二の顔がほとんど全部ぼやけているということだ。そしてLIFEを聴いてみて感じたのは、小沢健二は作者としての自分の存在を消してしまいたがっているのではな ...

限りなく透明に近いブルー (講談社文庫) [文庫]村上 龍講談社1978-12-19「限りなく透明に近いブルー」は私にとって特別な小説です。実は高校時代までは村上龍だけでなく村上春樹も含めて現代文学は読んでいませんでした。どちらかと言うと古典ばかり読んでいたのですが、大学 ...

角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代 [Kindle版]KADOKAWA / 角川学芸出版2014-10-25本書「ネットが生んだ文化」の趣旨は「いままで語られてきたインターネットの歴史とは、ビジネス・技術的視点からの正史である。従来、ないがしろにされてき ...

ボヴァリー夫人 (新潮文庫) [文庫]ギュスターヴ フローベール新潮社2015-05-28 『ボヴァリ夫人』はフランス文学のみならず十九世紀を代表する文学作品と称されるが、発表当時は批判も多かった。そして現代でも多くの読者がこの作品を批判的な目で見ている。そういった反応も ...

村上龍文学的エッセイ集 [単行本]村上 龍シングルカット2006-01-11 村上龍の「文学的エッセイ集」という本に「小野さんの思い出」というエッセイが掲載されている。随分古風なタイトルだなと最初は思ったが、エッセイを読み終わると「思い出」という言葉に微妙に引っかかっ ...

↑このページのトップヘ