SHIPYARD出版

出版社・本屋です。Since 2013,SHIPYARD has succeeded to its tradition of publishing of books for all fans of books and artworks .

「 さようなら僕らのパステルズ・バッチ でもそれはある種のハッピー・バースデイ ヘイ、ビートニクボーイズにブルー・ボーイズ ティーンネイジ・キックスは死んだりしない」           【フリッパーズ・ギター「GOODBYE,OUR PASTELS  BADGES」】 ティーンネイジ ...

「だってそうでしょ、懐中電灯持って出ていったってことは暗いうちにここを出ていったってい うことですものね」 【「ノルウェイの森」村上春樹】  直子はわざわざ懐中電灯を ...

『やがて鐘がなり痛みのある韻詩を運んでくる 僕はよろこんで 僕らのユースの終わりを知るだろう 何度も口に出そうとした黄金の言葉 どうして僕の舌はもつれるのかと思う それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない』【フリッパーズ・ギター「THE CHIME WILL RING」】 ...

「ねじまき鳥さんにアヒルのヒトたちを見せられなくて残念だったな」と笠原メイはいかにも残念そうに言った。 【「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹】  私が今一番愛しているのがアヒルのヒトたちなの。アヒルのヒトたちだったら ...

『カメラの中3秒間だけ僕らは 突然恋をする そして全てわかるはず 本当のこと何も言わないで別れた』【フリッパーズ・ギター「camera!camera!camera!」】  あのカメラはお祖父さんの形見だったから、大事に大事に僕は使い続けた。君も「新型のカメラなんかより、あなた ...

「友達のよしみで、ひとつ頼みがある」と彼は言った。「もう一杯ビールが飲みたい。でも今は立ってあそこまで行く元気がない」 【「ダンス・ダンス・ダンス」村上春樹】  五反田くんほどの男が、ピッツアの ...

『鳴り出した鐘 いらだちさえ僕は 抱きしめたいと思った 週末に間に合うように 手紙を書くつもり』【フリッパーズ・ギター「colour field」】 何回手紙を書いても、いつまでたっても君からの返事が来なかったから、すごく心配したし、すごく孤独だった。でもそんな感情 ...

「僕はそのとき、あの夏の午後にお見舞いに持っていったチョコレートの箱のことを考えていた 」【村上春樹「めくらやなぎと眠る女」】  チョコレートが溶けて、僕たちは大事なものを夏に置き去りにした。チョコレートを溶かすべきではなかったん ...

『セシル・ビートン気取りの僕なら 退屈も嘘も切り取れるロマンチックに!』【フリッパーズ・ギター「knife edge caress」】 セシル・ビートンが子供の頃、お姉さんがいつも買う雑誌の写真に憧れたように、僕は彼女が載っている雑誌の写真を切り抜いて、ポケットの中に入れ ...

「私の本当の人生というのはおそらく、あの外蒙古の砂漠にある深い井戸の中で終わってしまっ たのだろうということなのです」 【「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹】  井戸が私 ...

↑このページのトップヘ