SHIPYARD出版

出版社・本屋です。Since 2013,SHIPYARD has succeeded to its tradition of publishing of books for all fans of books and artworks .

風の歌を聴け (講談社文庫) [文庫]村上 春樹講談社2004-09-15 私の部屋の本棚には「風の歌を聴け」の文庫本が5冊並んでいます。神戸へ旅行に行くと、急にどうしても「風の歌を聴け」が読みたくなって、本屋さんに飛び込んで文庫本を買ってしまうからです。村上春樹さんは兵 ...

「逆巻く波間の小舟の上で1000年 一度乗り込めば二度とは降りれない 上昇下降運命は転がる玉のように 行き当たり場当たり止まることなどない」【「THE WORLD TOWER」フリッパーズ・ギター】  ちっぽけな船で世界塔を目指す。誰もまだ見たことのない世界塔がある。世界塔 ...

「ほんとのことが知りたくて 嘘っぱちの中旅に出る イルカが手を振ってるよさよなら 真珠と眠りと向こう見ずを 逆さに進むエピローグへ 君がわかってくれたらいいのに いつか」【「DOLPHIN SONG」 フリッパーズ・ギター】 君に話した言葉は嘘ばかりだった。あの頃の僕 ...

ラストワルツ [単行本]村上 龍ベストセラーズ2015-04-21「ラストワルツ」は村上龍「すべての男は消耗品である」シリーズの最新エッセイ集である。本の中には現在の村上龍の写真が5枚挿入されている。仕事場でMacBookに向かって原稿を書いている写真が3枚、椅子に座ってカメ ...

「パレードのトロンボーンと 撃つためのドライフルーツ あやふやで 見栄ばかり張る 僕たちのドーナツトーク」【 フリッパーズ・ギター「LOVE AND DREAMS ARE BACK」】 ドーナツトークという言葉には「中身のない会話」という意味と「終わることなくいつまでもだらだら続 ...

村上龍映画小説集 (講談社文庫) [文庫]村上 龍講談社1998-04-15 村上龍作品の中で個人的に愛着のある小説の一つです。映画のタイトルそのままの12編の短篇が収められています。もちろん小説のストーリーは、その映画の本質へと鮮やかに切り込んで収斂していく訳です。 村 ...

「15年ひとっとび 夏休みの終わり 錆びついたワゴンカー 田舎道を走る」【フリッパーズ・ギター「CLOUDY」】  この曇り空からもうすぐ雨が振ってくるだろう。それでも僕たちの15歳のワゴンカーは大丈夫。さっきペンキを塗ってピカピカにしたばかり。このまま田舎道を走 ...

孤独論 逃げよ、生きよ [Kindle版]田中慎弥徳間書店2017-02-10「新潮創刊1300号記念特別号」を買って最初に読んだのは、田中慎弥さんの「作家か人間か」でした。私はこれを最初小説だと思っていて、いろいろな意味で凄いタイトルだなと考えていたのですが、実はエッセイだっ ...

「流線型よ 守ってこの僕のこと 1000光年を突き抜けて星をめざそう 急ぐように shinin'star,blue shinin' quick star」【「BLUE SHININ' QUICK STAR」フリッパーズ・ギター】 スペースシャトルに乗り込んだ僕は1000年後を目指す。流線型のボディが僕を火星の炎から守っ ...

オールド・テロリスト [単行本]村上 龍文藝春秋2015-06-26すごい小説を読んでしまった。今も神経や細胞がざわざわ騒いでいる。強烈な出来事の連続で時間の感覚が麻痺している。村上龍の最新長編小説「オールド・テロリスト」は村上龍にしか書けない小説で、村上龍は一作一作 ...

↑このページのトップヘ