SHIPYARD出版

出版社・書店です。Since 2013,SHIPYARD has succeeded to its tradition of publishing of books for all fans of books and artworks .

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫) [文庫]西村 賢太新潮社2015-12-23エンタメ小説は読者に文体を意識させないよう無色透明な文体を心掛ける。読者がストーリー展開に専念できるようにするためだ。一方純文学の場合、文体はストーリー以上に重要である。場合によってはテーマ以 ...

図書準備室 (新潮文庫) [文庫]田中 慎弥新潮社2012-04-27 2005年の田中慎弥さんのデビュー作品集です。表題作と新潮新人賞受賞作の「冷たい水の羊」を併録しています。私は「冷たい水の羊」の方が断然面白かったです。 主人公の真夫は、級友たちの生け贄としていじめの標的 ...

アメリカの夜 (講談社文庫) [文庫]阿部 和重講談社2001-01-1790年代前半に大学生だった私は、ある時期渋谷に毎日のように地下鉄に乗って通っていました。目的の場所はセンター街の奥にあるHMV渋谷店。いわゆる渋谷系の聖地と呼ばれていたCDショップです。渋谷系のミュージシ ...

工場 [単行本]小山田 浩子新潮社2013-032014年に「穴」で芥川賞を受賞された小山田浩子さんの、伝説の処女作「工場」をご紹介したいと思います。この「工場」は新潮新人賞を受賞した小山田さんのデビュー作ですが、いきなり第26回三島由紀夫賞を、受賞作である村田沙耶香さ ...

マイ・バック・ページ - ある60年代の物語 [単行本]川本 三郎平凡社2010-11-26本書「マイ・バック・ページ」は川本三郎さんの朝日新聞社入社から、逮捕され解雇されるまでを描いた自伝的エッセイであり、60年代のルポ・評論でもあります。川本さんはジャーナリストになった ...

さらば、資本主義 (新潮新書) [新書]佐伯 啓思新潮社2015-10-16本書「さらば、資本主義」における著者・佐伯啓思さんの問題提起は次のようなものです。「最大の問題は戦後日本の主たる関心が、もっぱら経済成長と物質的な豊かさにしか向けられていなかったこと」「今の日本は ...

昭弘が主人公よりも台詞が多かったが、ここにきて物語の中心人物になった。もっとも虐げられた立場の少年として、そして生き別れた弟を救おうとする兄として、非常に魅力的な人物像が完成している。弟が所属する宇宙ねずみの少年たちは皆やせ衰えて、その描写が痛々しい。そ ...

ポスト資本主義――科学・人間・社会の未来 (岩波新書) [新書]広井 良典岩波書店2015-06-20本書の主題は「ポスト資本主義」(拡大・成長から定常への移行)であり、広井さんは「ポスト資本主義/ポスト成長」という時代状況に適応した「科学や知、価値原理」を、専攻である科 ...

不屈 [単行本(ソフトカバー)]辻仁成キノブックス2014-07-24本書「不屈」は2012年から2014年まで約1年半、ニコニコチャンネルに日記形式で発表された「辻斬り日記」からの抜粋で構成されています。但しこれは単なる日記ではありません。辻さんが自分自身と向き合い、徹底的 ...

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray] [Blu-ray]河西健吾バンダイビジュアル2015-12-24最初は大人たちは敵、と描かれてきた本作だが今回は特に頼りになる、守ってくれる大人たちが主人公達に手を差し伸べていた。まさかのヤクザ形式でのつながりを ...

三日月さんは俺のアニキ、このセリフが強く心に残った今回だったが、タービンズの女性メンバー全員が名瀬・タービンの妻という衝撃が強かった。まさかのリアルハーレムがガンダム作品で現れた。マクロスでは禁忌ともいえる、一夫多妻エンドが三日月、クーデリア、アトラで展 ...

↑このページのトップヘ