SHIPYARD出版

出版社です。書籍の出版をしています。

ロラン・バルト -言語を愛し恐れつづけた批評家 [新書]石川 美子中央公論新社2015-09-24一時期は日本でも大きく取り上げられ、ロラン・バルトは多くの論文の中で議論の対象となった。しかし最近では専門的に扱う哲学者、思想家は減り古典としてすらも扱われることは少なくな ...

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) [ムック]NHK出版2016-12-20・井伊直親としのが夫婦になって4年。二人の間にはいまだ子が出来ない。そんな中、駿府の瀬名から次郎法師のもとへ手紙が届く。瀬名は松平元康との間に男の子が出来たとのこと。次郎はその手紙 ...

『冷蔵庫のドアになら 非常ベルが鳴り出す前に 時間かけて バター塗るさ もっと素直に僕が笑えるから』【フリッパーズ・ギター「恋とマシンガン」】  バターを塗るのは毎日の大事な習慣なんだ。簡単に止める訳にはいかないよ。例え非常ベルが鳴っていても、バターだけ ...

プレーンソング (中公文庫) [文庫]保坂 和志中央公論新社2000-05 「プレーンソング」は保坂和志さんのデビュー作にして最高傑作だと思います。「プレーンソング」は何かの新人賞を受賞した訳ではなくて、いきなり群像に掲載されました。「日蝕」が新潮に一挙掲載された平野 ...

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) [ムック]NHK出版2016-12-20・新野左馬助は、駿府に出向き、今川義元に井伊直親の帰参を願い出る。義元は、直親の帰参を受け入れる。それと引き換えに、義元は、家臣に井伊領の検知をすることを命じる。・井伊直親の帰参が ...

海炭市叙景 (小学館文庫) [文庫]佐藤 泰志小学館2010-10-06この「海炭市叙景」は2010年に映画化された際に文庫化されたものです。僕はハードカバー版を図書館で借りて読んだのですが、その小説世界にあっという間に魅了され、その他の佐藤さんの本を全て読んでしまいまし ...

おんな城主 直虎 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) [ムック]NHK出版2016-12-20・亀之丞は元服し、井伊直親と命名される。そして井伊家で直親の元服を祝う。・次郎法師と井伊直親は井伊直満の墓参りをする。次郎は直親にまずは直親の帰参を今川に願い出ることが第一であり、 ...

形影相弔・歪んだ忌日 (新潮文庫) [文庫]西村 賢太新潮社2015-12-23エンタメ小説は読者に文体を意識させないよう無色透明な文体を心掛ける。読者がストーリー展開に専念できるようにするためだ。一方純文学の場合、文体はストーリー以上に重要である。場合によってはテーマ以 ...

↑このページのトップヘ