武田信玄は、一枚の地図を軍議に参列する家臣団の前に置いた。その地図は15606月に今川義元が織田信長に討ちとられた桶狭間周辺の地図であった。この桶狭間の合戦で、義元の敗北の黒幕は、実は、信玄にあったのである。



 武田信玄は、当時、今川義元とは北条氏康とともに甲相駿三国同盟を結んではいたが、義元の京への上洛し、天下を取ることを面白く思っていなかったのである。信玄もまた、いずれは京へ上洛し、天下を取る野望を抱いていたのだった。



そして、なんとしても武田信玄は今川義元の上洛を阻止するために、信玄は、義元上洛の際に同盟のよしみもあり義元に3000の援軍を義元に送ったのだった。その軍勢を率いる武将は 虎胤であった。なんと、このとき、信玄は織田信長と義元を討ちとるべく、密かに密約を結んでいたのであった。



 今川軍が桶狭間まで軍を進めていた時、 虎胤の率いる軍は見通しのいい桶狭間山に布陣し、織田軍の動きを監視し、織田軍が迫ってきたおりには、織田軍を一掃し、壊滅させる重大な役割を担っていた。そして、織田信長との申し合わせ通り、織田軍が桶狭間山の前を通り過ぎたとき、虎胤はそれを静観するとともに、虎胤の家臣に織田軍に義元の布陣している場所に誘導し、信長に義元を討ちとらせたのだった。

 

 そして、今川義元が桶狭間で討ちとられた数年後、武田信玄は駿河に侵攻し、海と京に通じる西への通路を手に入れ、京への上洛への布石を築いたのであった。



 当時の桶狭間の合戦の経験もあり、武田信玄は桶狭間の地形をよく知っており、その桶狭間の地形の特徴を利用して、羽柴秀吉との戦を有利に導こうと策を練っていたのであった。武田軍にとって有利と見ていたのだった。また、信玄は秀吉が桶狭間を決戦の地としようということを、事前に見抜いていたのであった。そして今回の策の重要なかなめは、桶狭間山と見ていたのだった。

<つづく>