今は亡き市川団十郎(利休の師匠)と市川海老蔵(千利休) 親子が演じ、千利休を中心に描いた映画で、時代背景も織田信長、豊臣秀吉時代で面白かったです。市川親子が師匠と弟子という立場で演じた貴重な映画だと思います。

特に利休が師匠に使える時代、韓国から日本に売られてきた韓国女性をかくまい、韓国へ逃がそうと必死になる若い利休の姿を描いたところが一番印象的でした。そして女性は自害し、利休も後を追うように自害しようとするが願いがかなわず。

豊臣秀吉により、利休に切腹命令が出て、利休はその韓国女性と過ごした日々を想いながら最後を遂げるシーンはよかったです。
140105_093150


利休にたずねよ 通常版 [DVD]
市川海老蔵
キングレコード
2014-06-13