バブル

「さあ逃げるのさそっとそっと僕は テーブルの下で靴を脱ぎ捨てて ああ夢に見る宇宙の真理 そしてまたbubble hour」

【「SLEEP MACHINE」フリッパーズ・ギター】 

 泡のような、うたかたの日々から逃げ出そう。泣いても彼女は戻ってこない。さあ裸足で走りだそう。偽物だらけの世界は飽きたから。僕をロケットで打ち上げてくれないか。その先にまた泡の世界が待っているのだとしても。


本記事は「渋谷にフリッパーズ・ギターがいた時代」からの転載です。