英語関連の本は数多く出版されていて、自己啓発本も昨今人気だ。しかしそれらを包括に取り扱っていて面白い本というのは実に少ない。
 

 そこでお薦めしたいのが杉村太郎さんのこの本。突っ込みたいところは多い。実際著者が何点のスコアをどれくらいの期間でとれたのかが記載されていないので信憑性に欠ける。TOEFLiBTに対応していると言いつつ、対策などがほとんど書かれていない。


 それでも彼が語る死に物狂いの努力といったものがそういった気になる点を些細なものにしてくれる。寝るときもヘッドホンで英語音声を聞きながら寝たり、どんなに忙しくとも細切れの時間に勉強したり、最初のスコアが涙が出るほど低くて実際に泣いても諦めずに立ち向かったり。彼はハイスコアをとるのは高尾山に登るくらいのこと、やろうと思えば誰でもできると言っているが、一方で死ぬ気でやれと言わんばかりの熱い言葉がどんどん飛び出してくる。

 
 松岡修造さんが書いた本と言っても信じられるような内容だが、単語学習や文法に時間をあまりかけないようにする、単語学習にカードを使うといった勉強法に関する話題はとても有益で実践する価値のあるものになっている。


 IELTSなども、スピーキング以外は、この本が有益なので、英語の試験を受ける予定でなおかつ松岡修造さんが好きな人には是非読んで欲しい。