20150725024802-11470

ストーリーを展開させずに登場人物を掘り下げた前回とは対照的に登場人物が増え物語が動いた第七話。

昭弘の熱さや戦闘シーンの迫力のある描写は映像として見ごたえがあるものだが、タービンズの女性メンバーも華をそえていたと言ってもいいだろう。

女性中心の部隊を見るとどうしてもビクトリーガンダムの悪夢が思い起こされるが。

ビーム兵器が無いだけでここまで戦闘描写が見ごたえがあるものになるわけではなく、細やかな演出や配慮の賜物だろう。宇宙空間でここまで上手く土臭さや岩をつかうというのも素晴らしい。

今のところまったく滑らないガンダムとして順調な展開が続いているし、今回登場した名瀬・タービンの存在感の大きさからも今後の展開に期待できる。悪い大人は粛清される本作で、社長がどう排除されるのかを次回は注目したい。