20150725024802-11470


三日月さんは俺のアニキ、このセリフが強く心に残った今回だったが、タービンズの女性メンバー全員が名瀬・タービンの妻という衝撃が強かった。まさかのリアルハーレムがガンダム作品で現れた。

マクロスでは禁忌ともいえる、一夫多妻エンドが三日月、クーデリア、アトラで展開される可能性まで感じさせただろう。それはさすがに無いだろうが。

やたらと有能なメイド、フミタンに思わせぶりな焦点が合うシーンもあり、次回、もしくはその次に彼女の正体が明かされるだろう。

第一話ほどの衝撃は、どんな作品においても薄れてゆくので、今後またどんな劇的な展開が待ち受けているのか期待せずにはいられない。安易な物語にはならないだろうという安心感があるからだ。