・今川館にて、次郎法師が、瀬名の自害を阻止しようとしているとき、一人の騎馬武者が突進してきた。その男は松平元康の家臣 石川数正で、松平で預かっている今川の人質と、瀬名と竹千代らの人質交換を申し出るものであった。そして人質交換は受け入れられ、瀬名、竹千代らは、岡崎に行くことに。

・瀬名は母 佐名に別れの挨拶をする。佐名は今後、敵味方になろうとも、瀬名が松平のもとに行き、今川を手に入れることを願う。そののち、佐名は松平元康の謀反のため自害に追い詰められ、瀬名とは再会することはなかった。

・寿柱尼は今川の力が衰退していくのを見かねて今川氏真に、今の流れを変えるためには先手を打つ考えを示す。

・次郎法師のもとに、松平元康からの使者が来る。使者の目的は、元康が瀬名の命乞いをしてくれたことの御礼とともに、松平とよしみを通じるため井伊直親を鷹狩に誘うことであった。

・井伊直親は小野政次に松平元康の鷹狩の誘いに乗ることを相談する。政次は、今川への謀反の疑いがかけられるので難色を示したが、政次以外には鷹狩の件を口外しないことを条件に、直親の考えに同意することに。

・井伊直親は鷹狩に行き、松平元康と対面。元康は瀬名を救ってくれたことの礼を言うとともに、今後もよしなにと言葉を交わす。実はこの元康は偽物であった。

・井伊直親、小野政次、次郎法師は御初代様の井戸で幼少時代を思い出しながら、昔に戻り3人そろって仲良く話す。そして、直親は井戸の中の赤子はなぜ助かったのかという問いに対して、どの答えが正しかったのか、次郎に聞く。次郎はみんなの答えが正解であり、答えは一つではないと答える。そして、政次は、今川館へ挨拶に行くと言い、井戸を去る。

・しばらくして次郎法師のもとに松平元康からの使いで、常慶というものが瀬名の命乞いの件で御礼にくる。そして次郎は前回きた松平からの使いは偽物であったことに気づく。すぐさま、次郎は前回の使者は今川の回し者であり、今川に諮られたのではないのかと井伊直親に相談する。

・寿柱尼は小野政次に井伊直親が松平元康宛に書いた書状を証拠に、井伊と松平は内通していることを知っていたかどうか問いただす。政次は、知らないと言いしらを切るが、直親から聞いていた元康には手に刀傷があると聞いており、手に刀傷のある男が登場し、政次は窮地に追い込まれる。

・井伊直親は今川の謀と分かった以上、もはや松平元康に合力を頼むしか手がないと思い、南鶏和尚、次郎法師に岡崎に行き、元康に合力してくれることを頼んでほしいと依頼する。一方、今川からはこたびの松平との内通の疑いについて申し開きをするよう駿府にくるよう命じられる。

・岡崎についた、次郎法師、南鶏和尚は、松平元康の使いのものから、井伊には合力はできないとの返答を受ける。そして、次郎は、なんとか松平の合力を取り付けようと、瀬名と竹千代を人質として井伊に連れていこうとし、瀬名は了解する。しかし、いざ、井伊に向かう時になり、瀬名は、井伊にいては今川を手に入れることは出来ないと言い断る。

・今川は申し開きにこない井伊直親に対し、脅しのため、井伊に兵を差し向ける。井伊直平、中野直由らは、この際、今川と応戦すべきと主張するが、直親は駿府へ申し開きに行くことを決める。

・井伊直親はしのに虎松のことを頼むとともに、虎松には、生きていれば必ず好機が来ると言い聞かせる。そして、直親は次郎法師にもし、駿府から戻ってきた時には結婚してほしいと頼み、次郎は了解する。

・井伊直親は駿府へ申し開きに行く途中、今川の兵が待ち伏せていたのであった。

(感想)
・石川数正が駿府に来て、瀬名、竹千代らの人質交換の展開になるとは。今回は次郎法師は、瀬名の自害の時間稼ぎをしたことで、松平元康、瀬名の役に立つことに。

・まさか今川が偽物 松平元康を使って、井伊直親を陥れるとは。元康から直親への書状の花紋、なんか簡単だった。偽物元康なんか感じが岩松に似ていたような気がしますが気のせいでしょうか。それにして偽物元康はかなり年がいっていた。偽物と見破れなかったのかなあ。

・次郎法師、井伊直親、小野政次が3人仲良く井戸で、昔の思い出話をするシーン良かったです。

・井伊直親は井伊家を守るために、駿府の今川へ申し開きに行く、苦渋の決断を。この時、死を覚悟していたのでしょうね。直親が駿府に行く前に、次郎法師には女のままでいてほしい。それでなければ、昔の唯一の美しい思いでが無くなってしまうという直親のセリフ感動しました。最後に、直親と次郎は結婚を約束して別れる描かれ方は良かったと思います。

・小野政次は井伊を裏切ったのでしょうか。そして、井伊直親が駿府に行く途中、今川の兵が待ち伏せし、直親が討ち取られようとしている時の政次の心境は複雑だったと思います。