・寿柱尼は小野政次に井伊直虎に駿府に申し開きに来させるよう命じる。政次は、井伊直親が、駿府に申し開きに行く途中、討ち取られたことを思い出し、寿柱尼に直虎を申し開きに来させるのを思いとどまるよう説得するが、寿柱尼は応じなかった。
・瀬戸方久は瀬戸村の民を潤うため策を練る。
・井伊直虎は小野政次より、今川よりの徳政令の命に従わない件について、駿府に申し開きに来るようにとの書状を渡す。政次は駿府へ申し開きに行くことをやめたいのであれば、政次に井伊虎松の後見を譲るよう直虎に言うが、直虎は聞かず、駿府へ申し開きに行くことを決める。

・小野政次は、しのに井伊直虎が井伊虎松の後見に望まないことを今川に知らせるため一筆書いてほしいと頼み、しのは了解する。
・南鶏和尚は井伊直虎に、駿府に申し開きに行くとき、もし万が一の時は、小野政次に後見を譲るといい、井伊谷に逃げかえるのも一つの策だとアドバイスする。
・中野直之は、井伊直親の二の前にならないよう、後見から降りることを強く説得するが、直虎は直之の言うことを聞かない。

・井伊直虎は傑山、昊天らをともにつけ、駿府への申し開きのため出立する。そして一行には小野政次も加わった。
・南鶏和尚は、井伊谷に残った中野直之に百姓たちに字を教えてほしいと頼む。直之は百姓たちに字を教えている途中、井伊直虎が、徳政令の件で、今川に呼ばれ、駿府に申し開きに行くことを話した途端、百姓たちは、直虎を助けに行くと立ち上がる。
・道中、井伊直虎は宿をとり、傑山、昊天は直虎を守る。小野政次が厠へ行くとき、直虎は悲鳴を上げる。何かと思えば、直虎の前にヘビが現れ悲鳴を上げたのであった。昊天がヘビを始末し難を逃れる。

・なつは小野政次が後見にこだわるのは井伊を今川から守る楯になるためではないかと、南鶏和尚に打ち明ける。和尚はたとえ、政次がそうだとしても、政次はそのことを認めないだろうと答える。
・翌朝、小野政次は井伊直虎に今からでも遅くないので、後見を降りることを説得する。その直後、木が倒れ、今川らしきものが直虎一行を襲う。直虎は危機一髪の状態に陥るが、何者かが今川らしきものに攻撃を加える。なんと助けの手を差し伸べたのは中野直之ら一行であった。
・その後、井伊直虎は自分の命を守る手段として、小野政次を呼び、政次に井伊虎松の後見を譲ることを今川に伝えるよう頼み、直虎は井伊谷に戻ると宣言する。

・一方、井伊直虎は、中野直之を呼び、直之に頼みごとをする。
・小野政次は駿府に行き、寿柱尼と会い、井伊直虎が後見を降りることを伝える。その直後、中野直之が書状をもってきたと使いのものが寿柱尼に知らせる。そして寿柱尼は直之と対面することに。
・寿柱尼の前に現れたのは中野直之ではなく、実は直之を装った井伊直虎であった。直虎は駿府へ申し開きに行く途中、何者かに襲われ、何者かを欺くために小野政次に後見を譲ることで政次を楯にし、何とかして駿府に申し開きのためたどり着いたことを話す。そして、直虎は寿柱尼に今川仮名目録の定めにより、徳政令を行うことが出来なかったと申し開きをする。

・それに対して寿柱尼は今川仮名目録は今川義元により改定されており、今川仮名目録の定めは無効だとし、井伊直虎に徳政令を行うよう命をあたらめて下す。直虎は、寿柱尼が自分に対して、徳政令を命じるということは、自分を井伊虎松の後見であることを改めて認めているのか問いただす。
・その後、小野政次は井伊虎松の生母 しのが井伊直虎を後見に望んでいない書状を寿柱尼に渡し、寿柱尼は生母が望んでいないものを後見にするのは難しいと考えを変える。そんな時、瀬戸村の百姓たちが連名して書いた直虎を後見として望む書状が届く。

・それを見た寿柱尼は、井伊直虎に井伊を任せるのであれば、井伊の民をどのようにおさめる問う。それに対して、直虎は民が潤えば、井伊が潤い、井伊が潤えば、今川が潤うと答える。寿柱尼は直虎の考えに納得し、改めて直虎を井伊虎松の後見に認める。しかし、次は二度と生きては申し開きして井伊谷には戻れないと脅す。
・井伊の民の書状を今川館に届けたのは奥山六左衛門であり、今川館から出てきた井伊直虎を暖かく迎える。そして、直虎は、無事、井伊谷に戻ることが出来、百姓たち、中野直之、母の祐椿尼らが迎える。
・今川氏直は小野政次に井伊直虎の申し開きを跳ねつけられなかったことが残念と話す。

(感想)
・先週までは井伊直虎と中野直之が激しく対立していたけど、今回の直虎の駿府への申し開きの成功は直之のおかげですね。最後には直之も直虎に快く従うようになって良かったです。

・今川らしきものが、井伊直虎を襲う前に木が倒れてきましたが、小野政次は、直虎をかばったような気がしました。なつの言うように、政次は、自分が後見になることで、今川から井伊を守る気持ちがあるように思えました。

・井伊直虎が寿柱尼と対面するシーン。直前まで、中野直之だと思っていました。その突如、直虎だったので少しびっくりしました。直虎と寿柱尼との直接対話のシーン良かったです。そして、ついには寿柱尼に後見を認めさせるところは直虎のすごさだと思いました。百姓たちを味方につけたことが功を奏したと思います。