・龍潭寺の南鶏和尚のもとに亡き井伊直親の娘と名乗るものが訪れる。そして、井伊直虎は母の祐椿尼よりそのことを知らされる。直虎は、もし本当に直親の娘ならば一大事ということで、その娘と対面する。その娘は高瀬と名乗っていた。
・井伊直虎は娘と会い、井伊直親の娘かどうか調査している間、井伊の屋敷にいるように言う。そして、しのは虎松より直親の娘と名乗るものが来ていることを聞きつけ、その娘 高瀬に会う。しのはあっさり事実を飲み込み、本当に直親の娘であるのであれば虎松とは兄弟になり、新野の屋敷に挨拶するように言う。
・小野政次もなつから高瀬のことを知らされる。そして、政次は井伊直虎に今川と武田が争う兆しがあり、事前に武田が井伊を探るための間者の可能性があると注意を促す。

・岡崎城の松平家康は、今川よりの和睦の書状を受け取る。酒井忠次、石川数正は今川と和睦することに反対する。そして、家康は常慶に今川、武田のなりゆきを調べるよう命じる。
・南鶏和尚は、井伊直虎に、井伊直親を幼少の時に預かっていた松岡の知らせによると高瀬の母 ゆきと名乗る女はいたが、高瀬という子を設けたと言う話は聞いていないと話す。
・井伊直虎と小野政次が今後のたかせの処遇について議論しているとき、どこか聞き覚えのある歌が。それは幼少のころ亀之丞(井伊直親)が笛を吹いていた笛の音をまねた歌声で高瀬が歌っていた。そして、直虎は高瀬は井伊直虎の娘だと断定する。

・井伊直虎としのは井伊直親が二人の知らないところで、他の女と仲良くし、娘を作っていたことにお互いやきもちをやき、井伊の井戸に向かって亡き直親の悪口を言い叫ぶ。
・南鶏和尚は、井伊直虎に高瀬の母 ゆきという女はどこか直虎に似ていたから、井伊直親は、ゆきという女を気に行ったのではないかと想像する。そんなとき常慶が現れる。
・常慶は、井伊直虎、南鶏和尚に、今川と武田の一連の動きは、織田が影で操っているのだと話す。そして、武田信玄は武田義信を廃嫡し、武田勝頼を嫡男にし、織田より姫をもらう予定であり、松平と今川が手を結ぶことはあり得えないと話す。

・井伊直虎と小野政次が今後のことを話しながら碁を打つ。直虎は、常慶に城主の身分であるがら瀬名への書状を預かることは出来ないと断られたことの愚痴をこぼす。すかさず、政次は後見を降りることを誘うが、政次の誘いには乗らない。しかし碁の勝負では政次に負けてしまう。
・井伊直虎が城主になった年が暮れ、新年を迎える。そして、小野政次と瀬戸方久は今川氏直に新年の挨拶に行く。氏直は、井伊に他の娘がいたを知るとともに、政次に公に武田と敵対関係になったことを話す。また関口氏経は、方久に種子島を作る仕事は方久に任すのをやめ、駿府の商人に任せることを伝える。
・甚兵衛を始めとする百姓はいい綿布ができたことを井伊直虎に報告する。そして直虎は駿府より帰ってきた瀬戸方久に綿布を駿府で売ってほしいと頼む。しかし方久は駿府は商売気がないので、気賀で商売することを勧める。そして、直虎と方久は気賀に行く。気賀は今川領でありながら商人が治める土地であり、商売でかなり活気づいていた。

(感想)
・しのは、井伊直親に不義の子がいたことを知り、やきもちを焼きまくるかと思ったけど、それ以上に井伊直虎がやきもちを焼いていると思い、気を使って怒るのを抑えているように見えました。それ以上に、直虎はしのの前では、内心は動揺しているけど、城主であるため我慢しているのがよく分かりました。
・高瀬という女、武田にも事情が詳しい常慶の姿を見たとき、なんか顔色変えていた。これは視聴者が高瀬が武田の間者と思わさせる脚本家の演出かなあ。高瀬姫は直親の子というのは諸説ですが、今回、ドラマに採用したのには興味がありました。

・高瀬が現れたことで、井伊直虎としのが仲良くなって良かったです。
・武田義信幽閉のシーン 今回も出てきた。武田信玄の名前に加え、武田勝頼の名前も出てきました。武田信玄いつ登場するのか楽しみです。
・話の終わりに気賀の商人の街が出てきました。井伊谷と気賀とは距離的にはあまり離れていないと思いますが、来週の気賀での話でどのように旅の男が絡むのか見ものです。